そんなに、考えて行動していない!

私たちの行動って、毎回考えてしてないよね?という話です。


例えば、自分の友達に話しかけるとき、大体は反応が予想できますよね?

好きな趣味の話をしたら、嬉しそうに反応してくれるとか、

嫌いなタレントの話をしたら、不機嫌になるとか…


つまり、アタマの中にこういう場合は、こう反応するともう型ができているわけ。

これを「妄分別」と言います。


例えばね

好き→楽受(楽しい)→執着心→思考→行動→結果

嫌い→苦受(苦しい)→嫌悪→思考→行動→結果


というように、思考の前に感情のレベルでかなり決まってるわけです。


だから、行動を変えようとするのは結構難しいわけです。


では、伝統的な仏教ではどうするのか?

例えば、坐禅という方法が有ります。

これは、私たちが対象を判断「妄分別」する作用自体を揺さぶろうという方法でもあるわけです。


一時的に思考を停止し、自分を観察することで、「妄分別」を外していこうという事ですよね。

色眼鏡を外して「ありのまま」物事を見ようという方法です。


一方、コーチングのように、第三者との対話を通じて、自分の「妄分別」に気がついて行くという方法も有るのだな、と最近はよく思います。


何にせよ、自分の心はほうっておけば、勝手に「妄分別」して固定観念が増えていきます。
(この根本の問題を無明といいます。)

時々は、自分の心も掃除して、柔軟にしてゆく習慣が大切じゃないかとつくづく思います。


また、現在私はコーチングの練習相手を募集中です。

様々な問題を整理でき、心の掃除にもなる素晴らしい方法です。

興味のある方は、是非一度ご連絡ください。


https://reserva.be/takuga